実例で知る存在意義

光るスタンドライト

LED照明を蛍光灯との交換でオフィスに導入すると、従業員が働きやすい環境になります。
確実に蛍光灯よりも明るく、明るさのバランスも整っていて快適に働ける雰囲気の形成に一役買ってくれます。
また、蛍光灯の交換業務を従業員が行うことによって、本来の業務に戻ることができるのも特徴です。
明るくて快適で余計な作業が生まれず、コストも整えることができる。これほどよい環境を作れる方法もなかなかありません。

LED照明の特徴としてその明るい発光がよく目立ちますが、それだけではなくエネルギー効率が良いことにも注目できます。
まず、純粋に照明としての光熱費が下がること、さらに、LED照明は熱を持つこともない設計ですから、蛍光灯や電球と違って熱くなることもありません。
その結果、照明が熱を持つことによってテナントやエントランスが熱くなるということはありません。
それによって、空調効果も安定するのが特徴です。

LED照明で利用されている素材は、ガラスではないことが増えてきています。
一例としてポリカーボネート、すなわち樹脂によって製造されている製品もあることから、地震などの災害時を始めとして、落下事故における飛散リスクがありません。
ガラスではないため安全な使い方ができるという点でもLED照明には存在意義があります。従業員を守るのも現場では大切なことですから、緊急時に安心できる要素を日頃から作っておく用意の一つだといえます。