リースという選択肢

緑と電球

LED照明をオフィスに導入することがいいことなのだろうとわかっていても、なかなかその実践に踏み切ることができないというジレンマに襲われることは少なくありません。
その理由として、個人の自宅をLED照明に刷新するのとは違って、とてもたくさんの照明を一気に刷新する必要があるという点にあります。そのためにかかる費用はあまりにも膨大で、効果が期待できるとしても予算が無かったり、踏み込めなかったり、様々な理由でLED照明の導入に二の足を踏むケースが少なくありません。
そこで検討したいのが、初期費用の軽減になるリースという選択肢です。
リースを利用してLED照明を納品してもらうことができれば、初期投資を大きく下げながらも大きな経済効果を手に入れることができます。

LED照明をリースしてくれる業者の中には、貸し出したLED照明は一定期間が経過した後買い取ることができる、というところもあります。
それによって、再度継続してサービスを契約したり、結局新品を購入することになってしまったりしては、意味がありません。
そこで、リースをしてくれる業者を検討するときに考えたいのが、リースしてもらっている商品を最終的に買い取れるかどうか、ということです。
借りた製品を買い取ることができれば、新品を最初から購入するよりもお得な成果が得られることが想定できます。
全社的なランニングコスト削減の動きに導入できる良好な方策として、LED照明のリースと譲渡権付きの商品を活用することは有意義です。